読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーのつれづれ。

関西在住の会社員。女性だらけの会社で勤務して10年目。現在産休中。日々を綴っていきたいと思います。

婚活をしていた頃の話~きっかけ~

今日は 婚活をしていた時期のことについて書いてみます。

 

現在の彼氏と交際する2年半ほど前に私は失恋した。

26歳の時に友人の紹介で知り合った男友達と月2位のペースで会うこと2年。

彼にずっと片思いをしていたのだけど、彼が関東に転勤することになり思い切って告白したのである。きっと彼も私の気持ちに気づいていただろうし、2年経っても進展がないことで答えは明白だったけども。

適齢期の2年は無駄だったのか?と今でもふと思うけど、もう過ぎたことは仕方のないことですね。

 

その時、すでに28歳で合コンの誘いは減っており、私はもともとお酒があまり飲めないこともあって、自分自身もそういう出会いの場に疲れていた頃だった。

祖母の認知症が発覚、母の更年期がひどくなって寝込んだり救急車で運ばれたり、父も目の病気が発覚して数週間だけども初めての入院。

周囲は結婚ラッシュ、または妊娠とおめでた続きで、披露宴では受付やら余興をやったり、時には月に2回結婚式に出席しながら『私にはこんな日は来るのかしら』とおめでたい気持ちと同時に少し切なさを感じた時期でもある。

 

1人っ子の私としては「親が倒れると大変」ということを身をもって実感した時期だった。

母が心療内科に通うようになり、父は退院、祖母の介護の方針も決まって落ち着いた頃、親が少しでも元気なうちにやるだけやってみよう!と婚活を始めました。

 

続きます。