アラサーのつれづれ。

関西在住の会社員。女性だらけの会社で勤務して10年目。現在産休中。日々を綴っていきたいと思います。

婚活をしていた頃の話~お見合いパーティー~

続きです。 

 

学生時代の男友達のツテは使い果たし、職場も女性が9割超で、友人達もほとんどが同業界に勤務していて出会いに困っている状況のため、職場での出会いや紹介も望めず…。

 当時、たまに一緒に食事をしていた学生時代の男友達が「お見合いパーティーは結構いいよ!」と言っていたのを思いだし、やってみることにした。

心がけたことは2点。 

平日ではなく休日のパーティーに参加する

仕事後って基本ヨレヨレで、何となくテンションがあがらないので。急な残業になる可能性もあるし、仕事で落ち込むようなことがあった日に、出会いを求める元気はもうないかも…と思ったから。

お見合いパーティーに行く日は別の予定も入れる

これは買い物、美容院、友人とご飯、1人で映画でも何でもいい。

良い出会いがなかった時に「わざわざ休日に街まで出た意味は一体…休日を無駄に舌したかも」と落ち込まないようにするため。

当時は20代~30代限定あたりのパーティーに参加していたんだけど、普通に40代の人も混じっていたり。

よくあるプロフィールカード記入→回転寿司状態でのトーク→フリータイム数回、とかそんな感じだったでしょうか。

あと、男女合わせて10人位とか、明らかにハズレ回だろ!ってのもまぁ何度かあった。だから予約状況の「満席」とかは信用できない。

サクラっぽい人は出会わなかったけど、吉本新喜劇に出てくるような紫とかオレンジっぽい目立つスーツで着ている人とか、ビジュアル系っぽい髪形で20代後半で仕事がIT関係で年収1300万とか、ちょっと変わってるな~とか経歴等は本当かな?と思わせるような人はちょいちょいいた。

公務員の人も結構いた。不思議と役所系は見なくて消防とか警察とか教員とか…やっぱり出会いが少ないのだろうか。

 

1人、家も年齢も育った環境も近くて(プロフィールが本当ならば)、話も盛り上がって良い感じかな?と思う人がいたんだけど、確か27歳で転職3回っていう事に引っかかってゴメンナサイしたことがあった…。

 

お見合いパーティーに行かなくなったきっかけは、数回行くと同じ人に何度か出会って気まずい場合があったのと(地方だから?)パーティーによって人数等当たりはずれが激しすぎたこと。正直、開催中止でよかったんじゃない?って思ったこともあり。

 

 職種が営業系の人は回転寿司タイムでもやっぱり話すのが上手かったし、初対面の人と話すことが好き!って人は向いてる。気軽に一人でも行けるのは婚活の入り口としてはいいかも。

 

次はネット婚活について書きたいと思います。