アラサーのつれづれ。

関西在住の会社員。女性だらけの会社で勤務して10年目。現在産休中。日々を綴っていきたいと思います。

男の子を産みなさい

タイトルは
会社で隣の席に座っている還暦のおばちゃんから、最近よく言われる言葉(^_^;)

私、まだ結婚もしていないのに!

おばちゃんは男・女ひとりずつの子持ちですが、息子さんがかわいくて娘さんとは折り合いが悪いらしく
「(息子の方が可愛いから)男の子を産みなさい」とよく言われます。
えっ!そんな理由で?!と毎回ツッこんでいますが(^_^;)


おばちゃんも私と同じく一人っ子。
しかも、20代で両親を亡くしたそうで
「あんたも一人っ子やねんから、早く結婚した方がいいよ」ともよく言われます。
「彼氏とはいい感じ?」とか普通に聞いてくるし、恋愛話や流行のドラマ、グルメにも敏感なおばちゃん。
偶然ですが家からの最寄り駅も一駅違いなので、近所のお店とかの話題も合うし、親近感をもってくれているみたいです。

社外の友人におばちゃんの存在を話すと
『その人プライベートに干渉しすぎ!』と
言われ、確かにそうかもと思う節もありますが、何だか憎めない存在。

高卒で入社したおばちゃんは、今年の3月末で定年退職。
既婚で子持ちの女性が定年まで正社員で働き続けるのは、結構大変なことだと思います。

私は定年退職まであと30年。
今まで生きてきた年数と、ちょうど同じです。

そう思うと
おばちゃん、すごいなぁと思いますね。

最近、担当の業務が逼迫していて、残業三昧で毎日泣きたい気分の私を慰めてくれたおばちゃん。

この人がいなくなったら
寂しくなるなぁ~としみじみと感じた日でした。